S.F. Page

Programming,Music,etc...

Windowラッパーライブラリ

Windowラッパーライブラリ - 描画部分

とりあえずスケルトンコードは出来たので、Direct3Dコードを入れて描画してみることにする。DirectX11についてはホント知識無いので、まずはチュートリアルレベルのコードを入れていく。 ウィンドウを非クライアントを含めてDirect3Dで描画するつもりである…

DWM - DwmExtendFrameIntoClientAreaとDwmEnableBlurBehindWindow

DWM APIのDwmExtendFrameIntoClientAreaはフレームをクライアント領域に拡張するAPIである。 MARGINS mgn = {-1}; hr = DwmExtendFrameIntoClientArea( hwnd, &mgn ); マージンを-1にして実行するとフレームでWindow全体を覆うようになる。 ちなみにクライア…

DWM

Direct3DもしくはDirect2Dでウィンドウを描画しようと思うのだがおそらくDWMと協調動作させる必要があるのでまずはDWMのおさらいから入る。 過去にちょっとだけかじったがかなり浅い知識なのでAPIリファレンスでじっくり勉強しようと思う。 下記はとりあえず…

ウィンドウラッパ部分を改良する

引き続き、ウィンドウラッパー部分を改良している。 ウィンドウプロシージャとダイアログプロシージャのコンパイル時の識別方法について DLGPROCとWNDPROCが型として識別できない問題は識別できるように新たに各プロシージャを識別するための定義を行って対…

DLGPROC型の戻り値はINT_PTRである。

Windowラッパーライブラリを作成しはじめた。ベースは今まで使っていたものである。base_win32_windowというテンプレートを作り、ProcTypeにWNDPROCかDLGPROCを指定することでメッセージハンドラの戻り値などの制御をコンパイル時に行おうと思っていたが問題…