S.F. Page

Programming,Music,etc...

1984年を買った。

 おとといジョージ・オーウェルの1984年を買った。前から読みたかった小説。冷戦が始まったころに書かれた古い小説なのだけれども、テレスクリーンとか未来的で実際にありそうな機器とかも出てきたりして、なんとなくブレードランナー的な匂いも感じさせる内容となっている。レプリカントは出てこないけども。退廃的で薄汚れた街、それに対してモノリスのような政府庁舎の描写がなかなかよい。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 

 全体主義が行き着くとこういうことになってしまいそうな、なんとなく現実味を帯びた感じもする内容となっている。現実の1984年がこうならなくてよかった。

Macの「1984年」もこの小説のパロディだもんね。