読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S.F. Page

Programming,Music,etc...

Reaperでスクリプティングをやってみたい。

Reaper

Reaperのスクリプティング機能を使って、音声処理をいろいろやってみたいと思っているんだけど、高校野球ウォッチに忙しく、ほとんどいじれていない。 インターフェースの本を買ってGETした音声処理プログラムを移植したいなぁと思っているんだけどね。あとはDiscoDSPサイトに大量に転がっているコード片の移植とか。明日で千葉県の予選も一段落するから、ぼちぼちやってみようかなと思っている。

Windows 10上でのReaperのデバイス設定と、ボーカル録りでの遅延回避方法。

Reaperのデバイス設定

Reaperのドライバ・ダイアログを見ると、Windowsのオーディオ・ドライバの歴史をみているようで面白い。

https://bo49ja-bn1305.files.1drv.com/y3m415w0UwLvq5_1zy7ocu9GpE2nK3FpcPrViwx2xy9KgFzYA6sV0MpV2SPn3AYGV2gMTyTSuoRo5Cks25yw4TSe5ReLhDXUOU824t-oetdiCzvFfQMFTrT87eHDLPLF60GQhruTaZliG2R34Da1oGXug?width=1021&height=797&cropmode=none

Windows 10でどれを選ぶべきかといえばやっぱりWASAPIの排他モードか、ASIOだろう。DirectSoundやWaveoutは発音までのレイテンシが長くて利用するに堪えないし、OS内蔵のミキサを経由するので、音も悪くなるからね。

VSTを使ってリアルタイムレコーディングするならできる限り低レイテンシなオーディオ・インターフェースを使用し、バッファサイズも極力小さくして、発音までの時間をできる限り短縮するのが望ましい。けど限界はある。私の持っているちょっと型落ちのオーディオ・インターフェースは排他モードで5.8msくらいの遅延で発音する。私のようにステップ入力+テンポを落としてのリアルタイムレコーディングをするようなへたくそユーザーであればそこそこ実用的ではある。ASIOだともう少し短いレイテンシで発音が可能である。

ただしWASAPIの排他モードやASIOはオーディオ・インターフェースを占有してしまうので、他のアプリから音を出すことができなくなってしまう。それがちょっと不便な時もある。例えば、Reaperで録音したWAVデータをAudacityで加工するときなどである。その場合、Audacityで音を鳴らすことができなくなってしまう。そういう時は、WASAPIの共有モードを使用する。だがそうするとOSのミキサーを経由するので音質が多少落ちる。私の耳では判別できないけどね。

入出力先だけど、私のPCは

  1. TASCAM US-144MK II(USB 外付けオーディオ・インターフェース、入出力)
  2. UAB-80(SONY コンデンサーマイク ECM-PCV80Uについているオーディオ・インターフェース、入出力)
  3. Realtec High Definition Audio (PC内蔵のオーディオ・ンターフェース、入出力)
  4. NVIDIA High Definition Audio Interface (グラフィックスカードのHDMIのオーディオ・インターフェース、出力のみ)

と4つもある。実際に使用しているのは、1.,2.だけである。1.を出力用、2.をマイク入力用として使用している。

ボーカル録りでの遅延回避について

先日「YMO - ONGAKU」のボーカル録りを行った。下手すぎてアップするに忍びないが。。

とりあえず歌の品質はさておき、ちょっと問題となるのが、「マイク入力」とDAWのオケのずれをどうするかということである。

Reaperでは入力のモニタリングを行うことはもちろんできる。

https://ae49ja-bn1305.files.1drv.com/y3mUQZbYDHw-6mfCdm7fWzpHN5oie4HrjtXAN9Tnk-vureaACmbPVRkx9x0yDjMFDfvIOUyR1oKYOmyV2E05ag21QEfAn4-en9LIEvJR5NxsWXCojTFin4qYKpX7SqwZkcZGcZ3nd1kPgm3tn94VBHbnw?width=581&height=194&cropmode=none

ただこれだと、「オケ」に合わせて歌うとマイクのモニターがずれてミックスされ、ものすごく録音しずらい。たいていのオーディオ・インターフェースは、オーディオ・インターフェース自体で入力をモニタリングする機能を持っていて、PCに取り込む前に、PCからの出力をミックスしてモニターすることができるようになっている。言葉で書くとわかりにくいな。図にしてみようか。

まず下の図は、Reaperでモニターするときの図。PCを経由するので、入力で遅延が発生して、音がずれて聞こえる。

https://co49ja-bn1305.files.1drv.com/y3mhxaJOBJYxzYLNzD6pgQsO0nExs66OwGxDE1nLPkVUP1qtpTR-vqmdTIOnDsaQxXkzOUV1AFRqKkNbQf3WI4OaXIjYMvY_XtzHmIfyp9rx3CdqZTJlXqzL7PjgLcaFBk6wYhrIj5mB3yXG9PRbF3XMrgjV36e_scQNxRX9Q01EDs?width=1152&height=589&cropmode=none

オーディオ・インターフェースのモニター・ループバックを使うと、入力された音はオーディオ・インターフェース内ほぼ遅延なしでミックスされるので、ずれを感じない。

https://be49ja-bn1305.files.1drv.com/y3mc7dcgiFRt_KHv-rrpT1HuX1b50UCEaQ6RoVuRz5HUDsW-CFyNIIafoeoKBIgXI_R9K2lzWoPYjMA-xs70qRhC0eMwwVNiVfyZzIHuQEAQFSVpBvCQUGSKT4Ia8C5wLRW9bMo3h6ZNCnB5TtP5MF4gCI7Niqm0c5qkhcA3TEGGiU?width=1152&height=589&cropmode=none

TASCAM US-144MK IIもUAB-80もこのモニター・ループバック機能は持っているし、音の良さからするとTASCAM US-144MK IIにマイクをつなぐべきなのだけれど、TASCAMにまともにつなげられるマイク(普通のコンデンサーマイクかダイナミックマイク)を私は持っていなくて、やむなくUAB-80を使ってマイク録音を行っている。ECM-PCV80Uのマイクを使えばいいんじゃないの?と思っていろいろやってみたけど、なぜかうまくいかない。キャノンコードを買ってきてMIC INに繋げてみたけど、うまくいかなかったんだよね。。

それで、UAB-80はマイク入力を遅延なしてモニターする機能を持っているのだけれども、これを使うには、出力インターフェースもUAB-80にする必要がある。なので録音するときだけは出力をUAB-80に切り替えてモニターしているのである。マイクのモニター周りの設定はコンパネでできる。

https://o2kolg-bn1305.files.1drv.com/y3mY6aIe7gWwMVj8BHpHPH0DCtuVK3ictk7MI8TKwDEJU3QnPj7w52OOuMbiaZVLkPAagLMgSee9NTIcmwFGjb40toVJdTM5ebzy83ZchGri7x1sXUH0SqChJAKXMOBVs-0aVANoYhVfFZpFBtyFKMS_djl_zlcgPCx2MofflHRx7E?width=465&height=518&cropmode=none

ReaperでYMOの「音楽」をカバーする。途中経過。

Reaper DAW

Reaperに余暇の時間のほとんどを費やしているので、ブログを更新する暇もあまりない。 かなり音を入れたが、まだまだ原曲にはほど遠い出来である。

なんちゅうか、YMOの後期って曲は軽いんだけど、シンセの音色とか、編曲に凝っていたりするので、初期~中期に比べて楽に作れるかというとそうではない。

実際Reaperを使ってみて思うのは、かなり地味なというかオーソドックスなソフトウェアだなということ。私はそういうほうが好みだからいいのだが。 EELという言語を使ってプラグインとかも自作できるようだが、どこから入っていけば作れるようになるのか今一つ理解できていない。それよりも基本的な機能を網羅的に理解したいのだが、英語ベースのドキュメントしかない状況ではなかなか進まない状況である。

Reaperを勢いで購入し、練習曲としてYMOの「音楽」をカバーする。外部エディタを使用するTipsなど。

YMO 音楽 Reaper

表題の通り。7000円くらいという価格に目がくらみ、勢いでレジストしてしまった。。

https://be7yma-bn1305.files.1drv.com/y3myIIeuu_WddCX4NIbEVQ7xB_0_kZVG8KYs-dZL01vnipyveo4lIW_bKxRGvJCohz6LrpbDheafAVJ8cmXFs6l2llS_ypYHJye3LPlMianjPdVqjD0lZM34zkSZt58FlPEFHkscxB_e4NFM1TUJ5EKZnWO8QasCW7DJG4H82WTYzw?width=1024&height=560&cropmode=none

今YMOの「音楽」をネタに勉強しているところである。これがなかなか慣れなくて大変なのである。ただピアノロールによるステップレコーディングはなかなか快適である。このあたり食わず嫌いだったんだなという感じがする。 せっかくなので何かTips的なことを書いとこうか。

Reaperは0.99まではレジストフリーで使えたので、Tips的なコンテンツは0.99までのものが圧倒的に多い。しかし最新版は別物と言っていいほど変わっているので、0.99までのTipsをそのまま鵜呑みにすると回り道をすることになる。 なのでまずはマニュアルをちゃんと読んだほうが良い。

1つだけ具体的な例を挙げると、ReaperはMIDIイベントを外部エディタで編集することができる。当初Reaperの編集機能が貧弱であったのでこの機能が実装されたようである。なのでStep入力に強いDOMINOを外部エディタで使用するTipsが結構多い。が、バージョンアップを重ねるに従い、内蔵のエディタが高機能になり、デフォルトではこの機能は使えなくなっている。ただ「Preferences」でこの設定を変更すれば、MIDIイベントの編集を外部エディタで行うことは可能である。

https://cp7yma-bn1305.files.1drv.com/y3mJSq6rcm0c3jJPbmOrc-EAQ1vKhFDZoaueqy918vpzY12LQG39igE4um2vEn6Zz4_8l-DN4FB9LSAKln7u5tXyw0uvcTEkhe94a4wV8z4N_cNsqF65aRxWA8rYx06V00mXQkhm23DShLHdzNcbBjqYw?width=637&height=393&cropmode=none

YMO - RYDEENをカバー曲を修正することで、またちょっと音楽アプリいじりに対するモチベーションが上がってきている。

YMO BUZZ Reaper RYDEEN

うーむ一進一退の感じが濃厚。こう同じ曲をずっと編集し、繰り返し聴いていると、どんどん「あるべき形」からずれていったりする。少し時間をおいて聴きなおすと「なんだこれ?」みたいな感じになることもままあるので、この曲はいったんこれで寝かせることにする。1週間後位に聴きなおしてまた修正しようかなと思っている。

ただまあ、音声を動画化してアップロードするコツは少しずつ掴みつつある。 以前はYouTubeにアップすると音質が変わるので、それが悩みの種であった。 エンコード前のWAVデータは、ピークを0dbではなく-0.1dbくらいにしておくと、ffmpegでエンコードした時やYouTubeにアップするときに音がよくなる(というかエンコード前の音に近い音になる)ことがわかったので最近そうしている。

あと音声の動画化の幅を広げる、ffmpegのcomplex filterをちゃんと理解したいなあと思っている。

で、RYDEENを寝かせている間に、私にとって難度の非常に高い「ABSOLUTE EGO DANCE」の改良に取り組もうと思っている。この曲もBuzzで作り始めて、途中で放置している状態である。

この曲をBuzzで作り続けるかどうか考えている。ちょっとReaperを使ってみたくて、この曲をReaperで作り直そうかなと思案しつつ、Reaperの使い方を勉強しているところである。 今日ちょこっといじってみて重大なことに気づいた。このソフト、海外のDAWらしく、リアルタイムレコーディングメインで、ステップレコーディング機能がないに等しいという点いまいちという点である。これは私のようにキーボードが弾けない人には非常につらい仕様である。ただReaperは他のソフトでMIDIイベントを編集できるようになっているので、Dominoシーケンサ等のステップレコーディング機能に優れるソフトを使えば回避できないことはないんだけどね。他の機能はやはり市販のDAWだけあって、フリーソフトにはない洗練されたUIと、処理スピードには目を見張るものがある。Reaperは試用版でもフル機能が使えるから、もうちょっと勉強して気に入ったらレジストしようかなと考えている。

(6/27 追記)

Reaperのステップレコーディングはないに等しいということはなかった。設定によってそこそこのことができることが分かった。でもまあイベントでの編集機能はちょっと厳しいものがあるね。。